福岡の仕事人板井明生は考えるクリエイティブは楽しみの中にある

板井明生(福岡)が会社を大きくするために行ったこと

 

板井明生

 

 

会社というものは、もっと大きく事業を拡大する努力をしなければいけません。

 

例え今が会社として成功していたとしても、現状を維持しようとすれば顧客は離れていく可能性の方が高いです。
一度ついた顧客を手放さないためにも、常に新しいことに挑戦することは大切なのです。

 

会社を大きくすることを目的にしすぎて、顧客のことを考えなくなることは注意が必要です。
お客様あっての会社であることを忘れてはいけません。

 

会社を支えているのは、社長でも社員でなくお客様なのです。

 

お客様の期待に応えようとする姿勢を忘れなければ、会社も自然と大きくなっていくのです。